ホームページでの集客方法~レイアウトと色~

ホームページを読むとき、訪問者は無意識のうちにデザインで判断しています。
集客方法が確立されているページは、デザインもしっかりしているのです。
人間の心理として、見た目のよいもの、キレイなものに対するあこがれがあります。
これは、人の容姿に対しても当てはまります。
デザインのよいホームページは、それだけで高い集客方法を実現しているのです。
ホームページで効率のよい集客方法を実践するなら、誰にでも読みやすいサイトを心がける必要があります。
文字を右から左に読むようなページは存在しないはずです。
日本の文章構成(横書き)では、必ず左から右へと読むようになっています。
読みにくいサイトだと、二度と訪問してはくれないでしょう。
そうなれば、リピーターは確保できませんし、売り上げのアップは望めないでしょう。
横書きのコンテンツの場合は、最初に目線は左へと流れ、それから上、右、下へと流れます。
パッと見たときに分かりやすいホームページは、リピーターが多くなりやすいとされます。
誰もが読みやすいサイトを好むからです。
読みにくい部分に主要項目があるようなホームページは、集客方法としては好ましくありません。
テキストや文字の色については、黒と白はあまり相性がよくないのです。
書籍にしてもそうですが、基本はバックが白で、文字は黒になっています。
インターネットは目が疲労しやすいため、薄緑、薄いグレー、茶色系+黒などの配色にしたほうが好まれるのです。
地味な集客方法ではありますが、意外と大切なことなのです。

«
»