ロングテールにおけるマーケティング戦略

最近では、個人や企業などがインターネットでマーケティングをするようになりました。
身近なところで販売するよりもインターネットで世界中に拡大する方が、より多くの人を顧客にする事ができるようになります。
そのため、企業が自社のホームページを持つようになっています。
むしろ、ホームページを持っていない大企業はないとも言われています。
ホームページは多くの人に見られる事がないのであればほとんど意味がなく、ですから、できるだけ多くの人に見てもらうためには、しっかりSEO対策を行う必要があります。
そのSEO対策としては、ロングテール理論が主流となっています。
ロングテールというのは、売れていない商品を延ばすことを目標としたマーケティング戦略になります。
通所の店舗ではよく売れている商品に、もっと力を入れる事で売上を伸ばす事が定石となります。
売上は上位の20%の商品が全体の売上の8割を占めている事がほとんどです。
そのため、売れている商品を揃えて、それを重要視する事で売上を伸ばしていく方法が一般的だと言われています。
ですが、あえてそれ以外の商品を強化する事をロングテール理論となります。
売れていない商品を売れるようにする事でより高い効果が期待できるのです。
売れ残りの商品を丁寧に扱う事で売上を伸ばす事ができ、より多くの顧客を獲得できるようになります。
ですから、売上を伸ばしたいと思っているのでしたら、あまり売れていないような商品を強化してみると良いでしょう。

«
»