ロングテール理論を導入したSEOとは

今や手軽にホームページを制作できる時代です。
専用ツールも存在しており、苦労することなく制作できるようになりました。
なかには、ブログのように楽々と制作できるホームページすらあります。
ホームページは、パソコンのみならず、携帯やスマートフォンにも展開しています。
取り扱われる商品もさまざまです。
ゲーム機、漫画、食品など、ほかにもさまざまなジャンルがあります。
ホームページを運営するうえで大切となるのは、SEO対策なのです。
特に重要とされるのがロングテールと言われる方法です。
ロングテールとは、販売量、セールスグラフなどを縦軸・横軸のグラフで表し、あまり売れていない商品の名称が伸びに反映し、「L」をかたどったようなグラフになるのです。
見た目がしっぽに似ているために、ロングテールと言われているのです。
難しい説明ですが、ひとことで言うならば、売れ行きの悪い商品こそがチャンスであるというSEOの手法なのです。
SEO対策において、人気のあるキーワードはすでに使い古されているのです。
あまりにもライバルが多過ぎるため、そこにはチャンスはありません。
同じSEO対策を実践されれば、大手には勝てないはずです。
ロングテール理論では、ライバルのいないキーワードを使用して運営していくSEO対策なのです。
ライバルがいないわけですから、クリックやアクセスがそのまま売上につながりやすいのです。
売れない商品だとしても、ロングテール理論では大きなチャンスがあるわけです。

«
»