ロングテールSEOの有用性

ロングテールSEOは、地味ながら非常に効果の高い集客方法なのです。
人気のないキーワードを使用することで、ライバルの影響を受けないように運営していけるのです。
売上が伸びない最大の要因は、やはりライバルの存在なのです。
ロングテールは、本来は通信販売のシステムのなかで誕生したものです。
その後、SEO対策としても活用されるようになりました。
この背景には、通常のSEO対策が限界に来ていることがあります。
以前の検索エンジンは、「Yahoo!」が主流でした。
もともと日本は、Yahoo!を利用するユーザーが多かったこともあります。
その後、Googleの勢力が拡大し、現在はGoogleによる検索エンジンがメインとなっています。
今やYahoo!の検索エンジンですら、Googleのアルゴリズムを導入するまでになりました。
「Excite」や「Goo」などの検索エンジンも、Googleの普及によって影を潜めました。
つまり、これからはGoogleの検索エンジンにおいて、いかに上位表示させるかが重要となるわけです。
検索エンジンが1つに絞られると、ますますロングテールSEOの需要が増すのです。
検索結果が膨大になりますから、あまり使われていないキーワードを探し出し、販売促進をしていく必要があります。
そのためのテクとして、ロングテールSEOが使われているのです。
今後は、ロングテールを活用し、いかにライバルの少ないステージで結果を出すかが重要となってきます。

«
»