画像でのLPO対策

サイトの第一印象は、LPO対策にとって非常に重要です。
購買意欲をそそるような画像を目立つ位置に配置することで、有効なサイトを作っていきましょう。
画像は、一目で何を扱っているサイトなのかがわかります。
画像以外にも、文字の色やサイズは大きな影響を与えます。
せっかくのキャッチコピーも、文字が小さかったり見づらい文字色では逆効果です。
ユーザーのストレスとなって、二度と訪れないと思われてしまいかねません。
文字の大きさは、大きすぎるかなというくらいが適当です。
画像を掲載するときには、プロに撮影してもらうことをおすすめします。
商品の良さをアピールする専門家であるプロのカメラマンが撮った写真と、アマチュアが撮った写真では格段の差があります。
商品を説明するときには、専門用語を避けることも大切です。
どんなユーザーにも理解できるように、それこそ5歳児にもわかるような表現でアピールするのです。
一般常識だと思って説明を省いたりすると、混乱するユーザーが出てきます。
特に、常識でしょと思うような注意事項ほど、掲載していないと後々トラブルにつながりかねないので気をつけましょう。
自己満足で終始せず、多くの人が満足するようなランディングページを目指して、LPO対策を行ってください。