LPO対策の目標

ランディングページは、ユーザーが訪問して成約するかどうかを決める勝負どころです。
しかし、LPO対策にとっては、それだけではない目標もあるはずです。
商品の販売を行っているサイトなら、リピーターを作って買物を継続的にしてもらえるようなことが目標かもしれません。
自分の目標を明確に持っていることで、LPO対策の方法も定まってきます。
まずは、LPO対策の目標を立てておきましょう。
商品の購買や成約など以外の目標では、会員登録をしてもらう、お気に入りに登録してもらうなどの目標もあるでしょう。
ランディングページごとに目標を決めれば、LPO対策も不足なく行えるでしょう。
商品の販売が目的の場合、商品の利点をユーザーに伝えることが一つの目標です。
商品の訴求なら、購入することでユーザーが得られるメリットをわかりやすく伝えることが目標になるでしょう。
送料や支払方法、手数料、発送方法、返品の特約、アフターサービスなど、購入について詳細ユーザーが知りたい情報を完結に表現することも重要です。
LPO対策の目標となることは、このように一つだけとは限りません。
特に、ランディングページをいくつも持っているような場合は、それぞれのページにLPO対策の目標を設定して目標に向かって最適化していくことが必要です。