LPO対策の実験

LPO対策には、2つの実験方法があります。
●期限付きテスト
顧客に対して、一定期間に複数のバリエーションのウェブページを表示してデータを取得する方法です。
終了時には、結果から導かれた最も優れたウェブページが選択されます。
●期限なしテスト
期間を定めずに、断続的にウェブエージを顧客に表示する方法です。
リアルタイムな集計から、動的に最も優れたページに変更し続けるのです。
LPO対策には、ABテストや多変量テスト、トータルエクスペリエンステストを使用する方法もあります。
期限付きにも期限なしにも適用されていますので、それぞれのメリットとデメリットを見ていきましょう。
ABテストでは、無料ツールがあるために費用がかからないというメリットがあります。
一方、逐次テストの最中に、キャンペーンやプレスリリース、検索トラフィックの季節性などという外的要因をコントロールするのが難しいというデメリットがあります。
多変量テストでは、エクスペリエンスを最適化する科学的なアプローチという点で信頼性があるというのがメリットです。
しかし、定量的消費者分析の例に漏れず、ゴミを入れればゴミしか出てこないというGIGOになる危険性がデメリットとしてあります。
トータルエクスペリエンステストでは、全ウェブ上の体験を反映して最適化できるというメリットがあります。