LPO対策の始め方

リスティング広告では、キーワードのアクセスが高いものに出稿すれば成功するとは限りません。
いくら経費をかけてアクセスを収集できても、ランディングページに問題があればコンバージョン率を上げることは不可能なのです。
そのようなわけで、どんなときにもLPO対策は必須となります。
LPO対策でまず必要になるのは、アクセス解析です。
ホームページにアクセス解析を設置して、データの検証を行うことは重要です。
LPO対策は、データ検証→仮説→改善→データ検証→仮設→改善の繰り返しです。
ネットショッピングに例えれば、必要になってくるのは、ホームページへのアクセス数の拡大方法、購入者を増やす方法に対してLPO対策が行われます。
LPO対策を行えば、検索ワードをホームページと関連させて顧客がアクセスしやすいようにできるのです。
外装を変更することで、アクセス数を伸ばすことも可能です。
具体的には、キャッチコピーの見直しやコンテンツの見直し、ユーザーシナリオの作成、リスティングキーワードの設計などによって、アクセス数を伸ばそうとします。
このような検証・仮設・改善を繰り返すことで、ホームページへのアクセス数を増やしたり、コンバージョン率を高めたりするのです。
ネットショッピングに限らず、どのようなサイトでもLPO対策の基本手順は同じです。


LPO対策は、一度行ったら終わりというものでもありません。
最初に行うときにも、一通り完成したサイトを見直してみましょう。
どんなことを確認したらよいかというと、まず何を売っているかが一目でわかるかという点です。
アクセスしたユーザーが、サイトの目的と自分の目的との合致に気付けるのが理想です。
何らか目的を持ったユーザーが、目的のコンテンツにたどり着くのに時間がかかるのもよくありません。
サイトにアクセスした瞬間に、ここには目的のものがあるとわかるヘッドラインも重要です。
文字は、テキストではなく、画像で作られた文字のほうが効果的だといわれます。
あまりドギツイ表現も不適切ですが、文字の大きさやフォントなどを自由に使える画像文字は人の目に強い印象を与えます。
誰に商品を売りたいかも、すぐにわかることが大切です。
ターゲットが明確であることで、ユーザーも目的を見つけやすいのです。
画像も、効果的に配置してユーザーにアピールしましょう。
誰に何を売っているサイトなのかを瞬時にわからせて、有効なものが扱われているという画像を目につくところに置けば、LPO対策に動きが出てくるはずです。
もちろん、サイトで扱っている商品に関係のない画像などを置くのは、邪魔になるだけの場合が多いです。