インターネットでの集客方法

よく「集客方法」と言いますが、集客方法と言うのはどういう事か分かるでしょうか。
文字どおりなのですが「お客さんを集める事」の事を指しています。

集客方法と言うのはお客様を出来るだけ効果的に集められる方法と言うことですが簡単に思えて意外と大変なのです。
これは実店舗においても、インターネット上のショップについても同じ事で、集客が無ければ売上が無いのですから、
お店の死活問題になると思います。

独立して、営業ができないと集客ができないことが多いということに痛感されると思います。

元営業マンの方が独立して お店の営業やネットショップの電話営業をするのは簡単ですよね。

ネットショップの場合なら、メールで宣伝していくことも可能ですが
成約率が高いのは、電話営業になります。

やはり、人と人の関わりですので 実際に合って、相談したほうが成約率は高くなります。

話を戻しますね

この集客方法についても種類が有る様で、お店の売り物を買ってくれる可能性が高い方の事を「見込み客」と言い、
一度でも自分のお店で何か買ってくれた人の事を「ユーザー」と言い、
何回か自分のお店で買ってくれた人の事を「リピーター」と言い、
自分のお店の事を好きでいてくれて口コミ等でもお店を紹介してくれている信頼おける人の事を「ファン」と言う様に呼んでいるそうです。

この集客方法には定期的に情報発信する事がとても大切な事になります。
定期的に発信しておかないと、お客様はあまりそのお店に見向く事をしないと思うのです。
定期的に発信する事でショップの存在をアピールする事が出来ますし、何か有る時にこのお店だと思って頂く事が出来る様になります。

また集客方法としてはインターネット広告を始めとして、ブログやSNS、新聞やテレビの広告等を使って行う事が主流となっている様です。
集客する為の発信をする際には、顧客となる方がどんな情報を知りたいと思っているのか、
その情報を知ってもらう為には何が出来るのかを調査して、
色んな広告として発信していく事が集客方法として用いられている様です。

«