ロングテールSEOの落とし穴に落ちないためには

これまでのSEO対策は、検索キーワードに頼っていて、今ではそのSEO対策をしている人が少ないと言われています。
現在行われているSEO対策と言えば、ロングテールSEOとなっています。
ロングテールSEOは、主力となるキーワードをあえて外してあまり利用されていないようなキーワードを選んでSEO対策をする事で上位表示を目指します。
ただ、ロングテールSEOにもデメリットがあります。
それは、ロングテールSEOでは検索される数が少ないキーワードを集める事で上位表示を目指しているのですが、集客率と転換率がすれてしまう可能性があります。
ですから、ロングテールSEOでは、転換率が良いユーザーを増やして集客をしなければ、なかなか成績を上げる事ができないなどの場合があります。
よく検索されているキーワードを外し、ライトユーザーを捕まえる事を目的としているので、あまりにもキーワードがマニアックすぎるとなかなか人が集まらないなどの問題が起こってしまいます。
マニアックなキーワードは、確かにコアなユーザーを誘導するために必要な事なのですが、初心者や王道を探しているような人であればサイトを見てもらう事すらもない場合があります。
ロングテールSEOをする場合には、適度なキーワードを選択できるようによく考えて決めてください。
自分のサイトのテーマや方向性をしっかり決めておけば、問題も起こりにくいと考えられますので、事前にしっかり決めてから、サイトを作っていきましょう。

«
»