ネットショップの良い点について

多くの企業や個人経営者の方が、インターネットヘの顧客獲得の為のマーケティングに着眼しています。
近年携帯電話やネットの急速な普及により、10代の若い世代から高齢者等幅広い年代の方がインターネットを活用しています。
様々な方がインターネットに興味を示し、生活に非常に密着しているのですから、そこには大きなニーズがあると見込まれます。
需要があるからそこ供給をする必要があり、それのバランスが上手く運ぶことで多大な利益を生み出す事ができます。
一般的にビジネスを展開するには、様々なコストが掛かってしまいます。
ですからすぐにはじめることはできず、ある程度の資金を準備する必要があるのです。
例えば、店舗を構える場合、商品を管理しなければいけません。
商品を管理するには、人を雇う必要があり、そこには責任者を置かなければならない等ざっと考えがだけでもかなりのコストを必要とします。
ではインターネットを活用したネットショップはどうでしょうか。
ネットショップを運営している人は、実店舗を構えてない方が非常に多く、物流や管理、人件費や、店舗費用等のコストを確実に減らす事が可能といえます。
簡単に考えただけでも実店舗を持ち、ビジネスを行うより、はるかにネットショップの方がコスト面を抑える事ができるのです。
さらに実際にお店を構えてしまった場合、その地域でしかビジネスをすることが出来ずに販売領域が限られてしまいます。
全国展開を目標としているのであれば、各都道府県に店舗を持ち、責任者や人件費など様々な費用が必要となります。
それに比べてネットショップの場合は、どの地域でショップを立ち上げたとしても、商品を管理できる倉庫さえあれば、どこへで商品を流通する事が可能で、販売領域がものすごく広くなります。
またネットショップは、一定の地域の方にだけ商品紹介をするのではなく、全国いや全世界ネットが繋がる環境にあり、需要があれば供給を起こす事ができるという魅力的なビジネスだといえます。
多くの企業がネットショップやインターネットビジネスマーケティングに着眼しているのは、販売領域やコスト面だけでなく、一つの店舗に持ち合わせている多種多様な商品の莫大な数にもあります。
一般的な店舗の場合は、取り扱える商品の数に限界があります。
しかしネットショップを運営する場合、契約しているホームページの許容範囲内であれば、どのような商品でもいくらでも販売することが可能と言えます。
となると、あまり売れないかもしれない商品であっても特に省くことなく、様々な商品を展示販売することができるというわけなのです。
海外等世界中の人を相手にしているのですから、どこに需要があるか分かりません。
一つ一つの売れ無いかもしれない商品であっても、毎日、毎月、少しずつ売れると莫大な量になりうるのです。
それこそがロングテール理論を有形化したマーケティング戦略ではないでしょうか。

«
»