ロングテールSEOの方法

スモールキーワードとニッチキーワードの違い

自分のサイトでSEO対策をしている場合には、ほとんども人がビッグキーワードというフレーズを聞いた事があるでしょう。 ビッグキーワードとは、検索のメインとなるキーワードとなりま

自分のサイトでSEO対策をしている場合には、ほとんども人がビッグキーワードというフレーズを聞いた事があるでしょう。
ビッグキーワードとは、検索のメインとなるキーワードとなります。
その逆に、スモールキーワードというものもあります。
スモールキーワードは、検索される数があまりないようなキーワードの事を言います。
一見すると、スモールキーワードでSEO対策をするのは、不要なのではないかと思う人もいるでしょう。
ですが、あえてこのようなキーワードでSEO対策をする事をロングテールSEOと言います。
ロングテールSEOでは、ニッチキーワードというもので、スモールキーワードのようなキーワードでアクセスアップを図ります。
ニッチという言葉の意味としては、限定的という事や隙間という意味を持っています。
この事から、ニッチキーワードは多くの人に使われるものではなく、限定された人、つまりその事に対して深い情報を持っている人や詳しい人が使うようなキーワードという事になります。
このようなニッチキーワードをメインキーワードと組み合わせて絞りこむ事で上位表示ができるようになります。
また、上位表示だけでなく、コアなユーザーを集める事ができるため、自分のサイトで濃い情報を提供しているのでしたら、リピーターを増やす事も可能となっています。
ですから、サイトの売上やリピーターを集めたいと思っているのでしたら、ロングテールSEOを利用する必要があります。

ロングテールを使ったSEOの重要性

最近は企業はもちろん、個人のビジネスサイトも多くあります。 それは、個人でも簡単にビジネスサイトを作る事ができるようになった事が原因になっています。 そして、ビジネスの

最近は企業はもちろん、個人のビジネスサイトも多くあります。
それは、個人でも簡単にビジネスサイトを作る事ができるようになった事が原因になっています。
そして、ビジネスのサイトを作った場合には、多くの人に見てもらうためにSEO対策を利用します。
検索エンジンの検索結果の上位に入れば、それだけ多くの人に自分のサイトを見てもらう事ができるようになり、売上が大きくなります。
そのSEO対策の中でも主流となっているのはロングテールという方法です。
ロングテールは、元々Amazonなどのような通信販売の特性を解説するためにできたのですが、最近では、売上を上げるための方法として利用されています。
インターネットが普及した時には、Yahoo!検索エンジンが主に利用されていました。
Yahoo!では、検索以外でも様々な機能があるために利用しやすいという事も人気の理由でした。
ですが、最近ではGoogleが使いやすいとして、Googleを利用する人も多くなってきました。
Yahoo!検索エンジンが人気がある時には、ExciteやGooも検索エンジンとして需要もありましたが、現在ではGoogleが多くなっています。
そのため、検索結果が一様になって特定の検索エンジンが上位表示にならなければほとんどアクセスが集まらないという事が起こります。
1つの検索エンジンでは多くの人数を占めてしまうと、アクセスが偏ってしまうため、ロングテールの部分が複雑になる場合があります。

« 過去の記事